COLUMN

棒の持ち方

2021.03.09

棒の使い方も色々あります。

昨日ご紹介したT型棒ではなく、
これはプロ用の棒、I型の棒の話です。

基本的には、これを「順手」と呼び、
一番この形で持つことが多いのかなぁ?

標準的な持ち方はこれをお伝えします。

親指を除く、四指でまず棒を握り、

最後に親指で上から押す。

一番力が入る持ち方です。

次に逆手。

棒を逆さから持ち、
下から上にすくいあげるように使います。

こちらは、
丘部の下側からの刺激を入れる時、

奥に潜む反射区をしっかりとこそげるときに

この持ち方をしますが、

私は個人的にこの持ち方をする反射区が好きです(笑)

一般的にある、反射区図表は
あくまで平面的にしかとらえていませんが、

実際の足の裏は、立体的です。

その立体に併せて、
また反射区も表面に現れているもの、
隠れてしまっているものがあり、

それぞれの特徴により、
持ち方と押し方を変えていくことが必要となります。


PAGETOP