COLUMN

カラダの掃除用具(手もみ)

2021.02.11

足つぼは、カラダの掃除用具である。

この前提を元に、

いわゆるル●バのように放っておいても、

ある程度ゴミや塵を

回収してくれる便利な子もいます。

確かに、ラクちんではあるけれど、

隅っこだとか、

「今ココ」はなかなか思うようにやってくれない。

家を出る時、

帰ってきたら全部仕上がってる感じ♪

という使い方がストレスないですよね(^^

じゃあ実際、

それだけで終わるのかというと、

壁の四隅の小さい埃や、

溝にたまってしまったゴミ。

あと平面ではなく、

ちょっとカーブのついている部分等、

やっぱり人間の手で

手をかけてあげないといけない箇所。

そういう時に役立つのが、、、

棒。

単なる棒。

あ、こんな形状のものも

うちではオススメしています♪

グリップ付きで、初心者に使いやすい設計です

足つぼだから!

と難しく考えがちなんですけれど、

全くその必要はなくて、

実際それがお部屋の掃除だったら

どうするか?

そう考えると

割と簡単に使い分けができるようになります。

足つぼの道具はこんな感じ。

でもいっぱい持ってるから

いいというわけでもなく、

自分にあったものがあるんです!

どこをどう触りたいのか?

どこをどうしたいのか?

例えば、足指の先等をはじめとする

小さい面積とのことには

先端が細いもの。

足裏の広い面積のところは、

先端は補足ない方が、塗りつぶしやすく。

ふくらはぎのような、

ある程度柔らかい筋肉を触るときは

カッサのような「面」でとらえられるもの。

などなど。

触る部位、

触る部位の筋肉の状態、

使いにくさ、

形状、

これらを見極めながら、

ル●バを使うのか、

ほうきを使うのか?

クイッ●ルを使うのか?

雑巾がけをするのか?

色々な手法を選ぶ。

足つぼでも同じことなんですよ★

お部屋の掃除はするのに、

肉体というお部屋の掃除を怠っているあなたへ。


PAGETOP