COLUMN

座りしごと VS 立ちしごと

2021.01.24

あなたはどちらのタイプ?

弊社併設サロンのカルテにも

主に、どちらの環境下での生活なのか?

こちらを確認させていただいております。

これには理由があって、

立ち仕事における筋肉の使い方、

座り仕事における筋肉の使い方、

この違いが、脚の不調の違いにもつながっています。

当然、皆様が行われる

セルフケアの仕方も異なるということをご存じでしょうか?

立ち仕事にも二種類あり、あと座り仕事。
合計3つの定義をご紹介させていただきますね。

【立ち仕事①】同じ場所に立ち続けているシーン

持ち場が決まっていて、せいぜい数メートルの中で動く程度。

販売職、ホテルなど店舗での接客業、オペを行う医師、CAや電車・鉄道系の中で働く、展示会等に出展する方など。

【立ち仕事②】走り回る、歩き回るようなシーン

営業職、看護師、保育士、教職員、空港・鉄道系職員等
狭い範囲での立ち仕事ではなく、
目的地から目的地へと距離を行き来するような職業を指します。

【座り仕事】7時間、座りっぱなしケース

事務職、長時間の運転、移動が伴うお仕事、ものをつくるお仕事等
基本的に座っている時間が長いケース。

負担がかかる箇所が変わります。

まずはご自身がどのタイプに属するのか?

このタイプによって使うセルフケアの道具も当然変わってくる。

そんなことを頭の片隅に入れておいてくださいね。



PAGETOP