COLUMN

足つぼ屋が提案する商品

2021.01.16

私が商品を販売し始めたのは、

「セルフケアで自分のカラダを変えることができる」

ということを伝えたいという気持ちと、

セルフケアの仕方を知りたいと求められて、

教えることになったころ。

そこから商品の取り扱いが始まった。

★————————————————–★

店主、たになかちよについてはこちらから

★————————————————–★

最初はスクールで渡された道具。

のちに

▼マットライドと呼ぶことになる「足裏健康マット」

▼役割的にクイックルワイパーと呼ぶ「痩身棒」

(※現在はお取り扱いを終了しております)

▼雑巾がけするようにしっかりと面を揉む「痩身まる」

(※現在はお取り扱いを終了しております)

この3つからスタートしました。

使い方をお伝えしている間に、

マニュアルに掲載されている使い方と、

私が使うと、どうも使い方が違うことに気が付いた。

「マニュアルが読めないオンナ」が発動し、

全くそのマニュアルには書いていない方法で、

自分の使いやすいようにアレンジしていることに気が付いたんです。

良く考えると、

子供のころから親は色んな家の中にある道具を

マッサージ用具として

「これいいで」とシェアしあっていた。

時に、アイロンの先を軽く熱しながら、肩甲骨に。(よい子はマネしないでね)

ある時は、ダイニングチェアの角を使って、腕を。

ある時は、タオルを使ってけん引したり(これも絶対真似しちゃダメね)

そんなところから、今の私の考え方が出来上がってきました。

スクールで大切にしているポイント「ちゃんと反射区に入っているか?」

その視点からのノウハウを伝えていたり、

ラクにセルフケア、または施術をする方法のコツがあります。

マニュアルに惑わされず、

自分のやり易い方向から、やり易いアイテムを厳選し、

その道具と仲良くすること。

これがセルフケアグッズを選ぶポイントの一つとなります。

さて、あなたはどこが疲れやすく、

どんな性格で、どんなやり方だったら続けることができるのか?

続かないなら、続けられるように仕向ける。

ライフスタイルに合った商品をご提案しております。

PAGETOP