COLUMN

DAY1 コンポストって何?!?!?

2022.04.17

「コンポストって何?!?!」

「回収してもらった方が早くない?!?!」

「わざわざ土に埋めるの?!?!」

実はこれ、数年前のある日、
とある方がコンポストを使っていて、
自分で毎日ゴミの処理をしていると
はじめて聞いた時の私自身の反応でした。(苦笑)

お恥ずかしながら、
40年以上生きてきていながら
コンポストというものの存在すら
知りませんでしたし、
ゴミはゴミ収集車が回収してくれるもの!

それ以上考えたこともなく、
ただ現実問題として
「環境問題」に直結していて、

プラゴミをはじめとする
ゴミの分別をすることの大切さよりも
「めんどくさい」けどやらないといけない問題として

しか捉えていませんでした。

積極的に取り組むのではなく、
仕方なしに取り組む、
やらされている感、

これでなんとなく対応していました。

☑分別がメンドクサイ

☑ゴミの指定日を忘れたり、間違えたりする

☑生ごみが臭う季節になると、憂鬱になる

☑雨の日にゴミの日が重なると憂鬱

☑カラスの対策に頭を悩ませている

☑ゴミ捨てマナーの悪い人にイライラする

これらの一部を解決することができる概念、

それが今回お伝えしたい

「コンポスト」

というものになります。

コンポストは、
家庭からでる生ごみや落ち葉などの
有機物を微生物の働きを活用して発酵・ 分解させることで
野菜や花などの植物の肥料に変えることができる
古来からの生活の知恵です。

畑が生活の近くに合った方は、
当たり前のような概念だと思います。

ただ街で育つと、
ゴミの回収システムが整った便利な生活が
ここ数十年はあったので、
私もまったく知らない世界観でした。


少し話は戻りますが、
私は人が、珍しい取り組みや趣味を持たれていると「なぜ」そこに興味を持ったのか?
というのを聞くのが好きで質問するんですね。

普段の私なら、「へー」で終わらせるところですが、
妙に気になって、なぜかその方が「なぜコンポスト?」だったり「エシカル」という概念を
取り入れているのか?それを根ほり葉ほり聞いたんですよね。

すると、
とにかく「無駄なものを取り込むのがキライ」
「ものに溢れているのが好きではない」そんなことを確か仰っていて、
普段は穏やかな彼女なんですが、
思い出すだけで嫌だわというような感じで少し顔をゆがめて話していたのが
とても印象的でした。

一人の穏やかな人間に、
顔が歪むほどの感情を掻き立てさせる「無駄なものを取り込む」ってなんだろう?って
そこから考えはじめて、自宅に帰ってゴミに対峙してみたんです。(笑)


もしかすると、考えたこともない世界があるのかも?と。

すると、ゴミに対するネガティブなイメージが出るわ出るわ。

クサイ、汚い、虫がわく、虫やカラスがたかっている、
早く捨ててしまいたい、臭いものには蓋をしたい、
邪魔、無駄、目障り、腐っている、不要なもの、
鮮度が落ちている、捨てるにもお金がかかる、等々・・・・

正直考えさせられましたね。

そんなところから、
「ゴミ」を循環させることを
私も一度やってみようかな?と調べ始めるようになりました。

それが2019年の夏ごろだったと思います。


DAY2も、明日発信しますのでぜひご覧くださいね!




PAGETOP