COLUMN

いくつの子供から「強い」足揉みをしていいのか?

2021.07.30

こんにちは。
足つぼマニアのたになかです。

子供さんへの足つぼをしてみたい!

お子さんと一緒に足つぼをしてみたい!

夏休みが始まったお母さんからの
お問合せが増えています。

10歳以上の子供さんの場合、
特に何も気にせずに一緒に楽しまれて吉。

子供さんを巻き込んで、
なんなら将来やってもらう
くらいの意気込みでやりましょう(笑)

一方で、
乳児、幼少期はちょっとだけ

注意が必要です。

今日はそんな話をひとつ。

———–

これをご覧ください。
足部の骨の形成について。

(引用: 子供靴はこんなに怖い」大谷知子 宙(おおぞら)出版)

大人の完成した足の骨と比べると、
成長期の子供の骨はまだまだ柔らかく、

未熟である。

赤ちゃんの足の骨は、
「軟骨」でできています。

3歳~6歳頃: 
足根骨骨化、アーチが形成される時期

10歳以降 : 
足の大部分が骨化


16歳~18歳頃  :
足の骨化が完全に終わる

つまりは小学校~高校卒業までは
まだまだ足の骨は

しっかりと出来上がっておらず、
ここでの生活習慣や、

スポーツ障害での影響が
後々の足裏や、

脚の状態に影響が出るということ。

これをもっと早く知ってたら、
私の足ももう少しまっすぐだったのかね?
と思うわけですよ。。。(涙)

それを踏まえて、
もしお子さんに取り入れるとすれば、
強く揉む系のマッサージではなく、
皮膚表面を柔らかくマッサージする♪

血流を良くするという方法を
私からはオススメしております。






PAGETOP